sara紗

江戸川区小岩 炭火焼グリル Sara紗(サラサ)

03-5668-9777

ブログ

当店、一番人気!タンのお話です!2018.05.17

小岩、期間限定焼肉「炭火焼グリルさらさ」です。

 

小岩南地区の都市開発により、立ち退きが決まり現在はほとんど広告を出していないため、常連のお客様の割合が多くなってきました。

 

そこで常連様に、人気の商品を紹介します!

 

常連のお客様に一番人気はダントツで〔上タン〕です。

なぜ人気なのか、その秘密を教えます。

 

当店のタンはチルドの原体を仕入れ、皮を剥くところから仕込みます。中でも他店との違いは血管抜きをすることです。

 

ダンピングしてタンをほぐした後、皮を剥き、余分な肉や筋をとり、開いて血管を抜きます。

 

それから成型していきます。

 

オーダーが入ったら、1枚ずつ包丁でカットします。

 

古い焼肉屋さんでしたら、血管を抜く以外は同じかも知れません。

 

しかし、現在のタンの主流は機械で皮の剥いてある剥きタンを仕入れスライサーでスライスするだけです。(皮を剥いてあるタンは冷凍とチルドとがあり、『当店は生のタンを手切りで提供してます』と歌っている所は剥きタンのチルドを仕入れている事になります。これも切ってるだけです。)

 

手間はかけません。気持ちは良くわかります。

タンの仕込みは体力と気力を消耗しますからね。

人を雇っていれば人件費がかかります。

 

しかし、肉がよくほぐされて包丁で仕込まれたタンの旨味は別格です。ですから、当店ではオープンからずっと変わらず一本一本丁寧に仕込んでいます。

 

1枚20gの厚切りにされた上タンの旨味は、タン好きには堪らないようで、いつも先に上タンがなくなってしまいます。

 

たまに、「ここのタンは加工タンだ!論外だ!」などと文句を言っているお客様がいますが、加工タンなど使っていませんのでご安心下さい。知ったかぶりは迷惑なので、やめてください!

(加工タンとは、あらかじめ業者が加工したものを仕入れて提供することです。加工タンの中に見た目を真似して作っているものもありますが、見た目も味も違います。)

 

自称タンマニアのお客様は、ぜひ当店の上タンを味わってみて下さい!!!

 

 

おすすめは・・・塩かタレか・・・2018.05.16

小岩で、焼肉屋を開業してそろそろ8年がたとうとしてます。

開業して、お客様に聞かれて困ることは「おすすめは何ですか?」です。厳選した食材を集めているため、全てのメニューがおすすめなのですが・・・

 

なぜか困るかと言えば、十人十色で好みが違うからです。

ソムリエや利き酒氏もそうですが、お客様の好みを知って初めてお薦めできるのです。

 

 

例えば、タレと塩どちらがお薦めということではなく好きな方選んでいただくのがお薦めです。

それに、塩がお薦めと言えば、せっせと果物や野菜をブレンドしたタレを作っている自分が虚しくなります。

しかし、タレがお薦めと言ったら、「肉に自信がないのね!!」等と言う性格の曲がった人もいました。(女性)

タレがなじみやすいのはハラミやロースの赤身系です。脂ののった和牛カルビ等はタレをはじいてしまいます。

 

塩は万能ですから、どの肉の個性も伸ばしてくれます。

素材の個性を味わうのであれば、塩。
タレの良さを味わうのであれば赤身で、と言ったところです。

 

お客様が自ら焼く焼肉業態は、自分の好みで味付けした肉を自分の好みの焼き加減で焼いて食べるのがお薦めです。

 

美味しい焼き加減で食べるには場数を踏むことが大切です。

何も考えずに焼くのでは上達しないので、色々と考えたり調べたりして自分にあった美味しい焼き方を見つけて下さいね。

 

ということで、おすすめは

《自分の好みを把握して、美味しく焼くコツを身につける》

です!

 

 

小岩は焼肉屋増えすぎです。2018.04.20

久しぶりの投稿になってしまいました(>_<)

小岩のこだわり焼肉さらさです。

最近また小岩に焼肉屋が数店舗増えました!

 

こんなに焼肉屋ばかり増えてどうするんだ?とお客様から声をいただきました。確かに増えすぎですね(^-^;

一応同業者なので、ちょっと食べに行ったり行った事のある人にお話を聞いたりしました。

結果としては、どこも「普通に美味しい」です。

 

肉とタレをを仕入れて、切って出す。だから、普通なんです。不味くはありません。手作りのタレとうたっていても、調味料を混ぜただけの簡単なものです。

 

では、当店はというとタレ、ドレッシングはもちろん冷麺のスープまで全て私の手作りです。どれも簡単に作れるものはありません。

私の「こんな味付けで食べたい」を具現化したものです。

 

ですので、どこのお店も同じものはできません。

 

これから夏に向けて温度が高くなるので、中華屋さんでは冷やし中華が出てくる頃でしょう。あれも仕入れです。

わざわざ、冷やし中華のスープを仕込んだりしません。(やってる店あったら教えて下さい!)ただ技術的には不可能ではないと思います。なぜなら、中華屋さんには料理人がいるからです。

 

しかし、焼肉屋は無理です。ほとんど料理の修行などしたことのない人しかいないからです。

「そんなはずないでしょ?」と思ってしまいそうですが、本当です。

芸能人や野球選手などの異業種の人が参入しやすい理由もこれです。肉屋さんもです。

肉と韓国食材屋と酒屋を揃えれば簡単にできます。

 

当店が小岩で焼肉屋としてオープンして8年が経ちます。

ちょっと解りづらい場所にありながら常連さんに愛されて営業できているのは、他の焼肉屋とは根本的に違うからだと思います。

 

冷麺のスープの話に戻しますが、当店の冷麺スープはフランス料理のコンソメの技術を使っています。

手間はかかりますが絶対に真似できない美味しさがあります。

 

都市開発によって立ち退きが決まっているので、今年の夏は当店の冷麺を是非ともご賞味下さい!

当店にしかない味わいなので、逃したらもう食べられないかもですよ!!

 

 

 

 

うまい肉には、うまい酒!!2017.11.19

期間限定焼肉、炭火焼グリルSara紗(さらさ)です(^o^)

 

先日、知人から「良い飲食店てどんな店?」という質問をされました。

正直なところ答えに困りました。理由は一つの条件を満たしているからといって、それが良い飲食店ということではないからです。

 

ただ、一言でいうならばバランスのとれている飲食店だと思います。

 

私は独立起業するまで、銀座周辺の幾つかの店舗で修業してきました。

 

和食・フレンチ・鉄板焼き・中華など、色々な特徴のある店舗で働きました。

その中でも、私が思うバランスの良いお店の第一条件は

 

料理とドリンクのつり合いがとれている店です。

 

日本の繁華街の頂点である銀座でも、そんなに多く存在しないのが事実です。

 

銀座で店を出す。

人気ドラマやメディア等で言われる通り、サービス業の頂点なのかも知れません。

 

 

銀座で店を出すことを夢みて、厳しい修業に耐えた板前やコックが独立し店を出します。

料理は美味しい事が多いのですが、ドリンクは酒屋任せにしている事が多いのです。それは料理の修業や勉強はしてきたが、ドリンクの勉強は疎かにしているのです。

 

今日はちょっと美味しいものが食べたいなという気分で選んだ店でも、せっかくの料理に見合うお酒がないと嬉しさも半減してしまいます。

 

ですので、当店Sara紗では美味しい料理に見合うドリンクを幅広く揃えております。

料理も肉もドリンクもこだわりの抜いたものばかりですので、ご賞味下さい!

 

うまい肉には、うまい酒!!

 

ご来店お待ちしております!!!

今、小岩の焼肉屋でおすすめは・・・2017.10.12

こんにちは、小岩の焼肉 Sara紗(さらさ)です。

 

小岩で焼肉屋として営業を始めて、Sara紗(さらさ)は8年目に入りました。

今、小岩で焼肉ならおすすめは、当店Sara紗(さらさ)です!

 

元々小岩には焼肉屋が多いのですが、この7年の間で更に増えたのではないでしょうか?

久しぶりに、食べログ,ホットペッパー,ぐるなびで検索してみてびっくりしました。

単純に焼肉と言っても色々なタイプがあります。

韓国焼肉和牛専門焼肉,居酒屋焼肉,焼肉チェーン店,など。

 

小岩は焼肉天国です。

 

ですが、小岩で焼肉を食すなら、断然当店がおすすめです!

理由は色々ありますが・・・

 

①当店がオープンする前、この場所には「デナム」という韓国焼肉がありました。

このデナムもそうでしたが、韓国焼肉長所は、技術です。

スープや料理はもちろんですが、やはり『たれ』の違いでしょう。

高麗人参の様な高級食材を惜しみなく使い、香味野菜とフルーツを中心にブレンドします。

仕入れの『たれ』や、調味料を混ぜただけの 『たれ』とは明らかに美味しさが違います!

逆に短所は、肉の仕入れです。輸入牛を使うことが多いため、黒毛和牛と比べれば見劣りします。(輸入牛が悪いということではありません。)

 

和牛専門焼肉長所は、まさに和牛でしょう。

焼肉は「目で食べる」と言われる位に見た目で判断されますので、美しい霜降りは目を奪われます。

元々精肉店が焼肉屋になることも多いため仕入れルートがしっかりしています。

短所は、技術です。特に精肉店から派生した店は、あくまで肉屋です。調理技術は、ほとんどありません。せっかくの美味しい和牛を台無しにしている店もあります。

お肉屋さんの仕事は肉が新鮮なうちに売り切ることです。最近話題になった『熟成』の考えとは真逆の考え方です。

新鮮なお肉と美味しい肉はイコールでないのです。

また、きれいな肉を売ることと美味しい肉を提供することもイコールでないのです。

 

 

技術の韓国焼肉素材の和牛専門焼肉、それの良いとこ取りをしたのが当店です!

更に、都心部のレストラン等で修業した私の技術が加わります。

 

だから、小岩の焼肉でおすすめは当店Sara紗(さらさ)なのです!

 

それと理由はもう一つ。

再開発地区になっている当店は、自動的にに期間限定の焼肉屋になってしまいました!いつ立ち退きになるかわからないので、食べログ,ホットペッパー,ぐるなび、などの大手ポータルサイトへの広告はもう出しません。

ですので場所柄、静かです。暇です(涙)

立ち退きまでの間ひっそり営業です。

小岩で静かにゆっくりとおいしい焼肉を食べたい方には最高におすすめです。

 

それに私は都心部で和食やフレンチで修業していたため、2度と焼肉はやらないかもしれないです。

 

小岩で焼肉屋なら、おすすめは当店Sara紗!今しか食べられないかもですよ!!

Top