sara紗

江戸川区小岩 炭火焼グリル Sara紗(サラサ)

03-5668-9777

ブログ

今、小岩の焼肉屋でおすすめは・・・2017.10.12

こんにちは、小岩の焼肉 Sara紗(さらさ)です。

 

小岩で焼肉屋として営業を始めて、Sara紗(さらさ)は8年目に入りました。

今、小岩で焼肉ならおすすめは、当店Sara紗(さらさ)です!

 

元々小岩には焼肉屋が多いのですが、この7年の間で更に増えたのではないでしょうか?

久しぶりに、食べログ,ホットペッパー,ぐるなびで検索してみてびっくりしました。

単純に焼肉と言っても色々なタイプがあります。

韓国焼肉和牛専門焼肉,居酒屋焼肉,焼肉チェーン店,など。

 

小岩は焼肉天国です。

 

ですが、小岩で焼肉を食すなら、断然当店がおすすめです!

理由は色々ありますが・・・

 

①当店がオープンする前、この場所には「デナム」という韓国焼肉がありました。

このデナムもそうでしたが、韓国焼肉長所は、技術です。

スープや料理はもちろんですが、やはり『たれ』の違いでしょう。

高麗人参の様な高級食材を惜しみなく使い、香味野菜とフルーツを中心にブレンドします。

仕入れの『たれ』や、調味料を混ぜただけの 『たれ』とは明らかに美味しさが違います!

逆に短所は、肉の仕入れです。輸入牛を使うことが多いため、黒毛和牛と比べれば見劣りします。(輸入牛が悪いということではありません。)

 

和牛専門焼肉長所は、まさに和牛でしょう。

焼肉は「目で食べる」と言われる位に見た目で判断されますので、美しい霜降りは目を奪われます。

元々精肉店が焼肉屋になることも多いため仕入れルートがしっかりしています。

短所は、技術です。特に精肉店から派生した店は、あくまで肉屋です。調理技術は、ほとんどありません。せっかくの美味しい和牛を台無しにしている店もあります。

お肉屋さんの仕事は肉が新鮮なうちに売り切ることです。最近話題になった『熟成』の考えとは真逆の考え方です。

新鮮なお肉と美味しい肉はイコールでないのです。

また、きれいな肉を売ることと美味しい肉を提供することもイコールでないのです。

 

 

技術の韓国焼肉素材の和牛専門焼肉、それの良いとこ取りをしたのが当店です!

更に、都心部のレストラン等で修業した私の技術が加わります。

 

だから、小岩の焼肉でおすすめは当店Sara紗(さらさ)なのです!

 

それと理由はもう一つ。

再開発地区になっている当店は、自動的にに期間限定の焼肉屋になってしまいました!いつ立ち退きになるかわからないので、食べログ,ホットペッパー,ぐるなび、などの大手ポータルサイトへの広告はもう出しません。

ですので場所柄、静かです。暇です(涙)

立ち退きまでの間ひっそり営業です。

小岩で静かにゆっくりとおいしい焼肉を食べたい方には最高におすすめです。

 

それに私は都心部で和食やフレンチで修業していたため、2度と焼肉はやらないかもしれないです。

 

小岩で焼肉屋なら、おすすめは当店Sara紗!今しか食べられないかもですよ!!

焼肉 ハイボール 夏2017.08.24

ちょっとしたトラブルで久々の更新になってしまいました。しかし

今年の夏は、なんだか変な夏ですね。。。

 

実は夏限定ハイボール&スパークリングワインやってます(>_<)

ハイボールは二種類で、泡盛ベースとジンベース。

スパークリングワインは、珍しい赤ワインスパークリングにフローズンオレンジ入りと、スタンダードな白スパークリングワインのお買い得フルボトルです!

夏はまだ終わりません‼(^o^)/

 

 

 

【小岩の焼肉ファン必読】 焼肉のおいしい焼き方をお教えします!!2017.01.27

*小岩で焼肉を食べるなら、焼き方をマスターしましょう!

 

小岩って本当に焼肉のレベル高いですよね。沢山のお店が切磋琢磨しておいしいお肉を提供しています。

ただ、小岩に沢山おいしい焼肉店があっても焼き方を知らないと美味しさも半減します。

元々、鉄板焼き等で焼手だった私が焼肉のおいしい焼き方を伝授します!

 

*まずは温度を確認してください!

 

焼肉をおいしく焼くには第一に温度を確認することです。

要領はバーベキューと同じで、手かざしで確認します。

温度を確認せずに、例えば温度の低い所にお肉を置いてしまった場合、生焼けのまま乾いてしまいます。逆に温度が高すぎた場合あっという間に焦げてしまいます。

当店の様な炭火焼きの場合、温度のムラがあるので特に重要です。

炭火は常に高温と低温の場所が変化します。

お肉を網に置く前にこのひと手間です!温度を確認してください!

最初は解からないと思いますが、経験で解かるようになります!

おいしい焼肉を食べるには経験も必要です!

 

*お肉によって焼き方を変える!

 

①基本編

焼肉は基本的にある程度の厚さにスライスしたお肉が提供されます。

そういったお肉の焼き方の基本は、一度返しです。特にロースの様な赤身は大事です。

温度が適切な場所に肉を置きしばらくすると、肉の表面に肉汁が浮いてきます。返しての合図です。

返してしばらくすると、また肉汁が浮いてきます。食べ時です!

肉汁を落とさないようにフーフーしながらお口に運んでください。

きっと幸せがお口いっぱいに広がるはずです。

 

②厚切り系

最近の焼肉ではステーキの様な厚切りのお肉が提供せれることもあります。

当店でいうと、サーロインやカイノミがそれにあたります。

厚めの短冊切りで提供することが多いので、四面を丁寧に焼き中に肉汁を閉じ込めるイメージで焼いて下さい!

焼き加減はお好みで調整して下さいね。

 

③脂が多い素材

和牛カルビ系やシマ腸など、焼いている時に脂が落ちるものは、特に気を使って焼かないと目を離した隙に焦げてしまいます。

良くある勘違いは、「余計な脂を落とす」という考えです。

シマ腸やマル腸などのホルモンは半分かそれ以上が脂で構成されています。脂を好む人が食べる食材です。

焼くコツは脂を落とさないように焼くことです。

シマ腸でしたら、脂のついていない方から焼き、脂の面は焼き過ぎないように注意しましょう。

 

④海鮮やサイドメニュー

小岩の焼肉店も店によって色々なサイドメニューがあります。解からない時はスタッフに聞くのが最善です。

当店の人気メニューである海鮮は全て刺身用(生食用)ですので、ご安心してお好みの焼き加減で召し上がり下さい。

 

*焼肉は素材との戦いである!

 

ここまで読んで頂ければ解かる通り、焼肉は素材との真剣勝負なのです。

焼肉好きで有名なダチョウ倶楽部の寺門ジモンさんが来て頂いた時、一番関心したのはこの点です。

とにかく真剣に焼いていました。マジです。真剣勝負そのものです。

油断は禁物。一度に全部の肉を網にのせるなどしてはいけません。

一枚一枚丁寧に焼き上げお口へ運ぶ。

これが焼肉のおいしい食べ方です。

 

是非実践してみてください!

新しい感動に出会えるかもですよ!

 

来店時、焼肉の食べ方・お肉について解からないことがあれば、どんどん聞いて下さいね!!!

 

 

 

 

 

 

 

小岩 焼肉 2017スタート!2017.01.07

皆さん明けましておめでとうございます。すいません‼少々遅くなってしまいましたが、今年もよろしくお願いいたしますm(_ _)m

年末年始は普段疎かになっている家の事や、三人の我が子の為に時間を使いました。バタバタで疲れました(>_<)

小岩に数ある焼肉屋さんは、ほぼ今年の営業を開始したようですね。
当店は五日より通常営業しておりますので、ご予約お問い合わせのお電話をお待ちしております!

小岩で焼肉ならSara紗(さらさ)で!!

 

今年のSara紗(さらさ)は去年に引き続き、夫婦二人で低空飛行の予定です。

ご来店されたとき、「あれ?こんな暇な店だったっけ?」とか「前はいつも満席で入れなかったのに」とか思うかも知れませんが、今は沢山売っても利益が出ない時期なので広告費ゼロ&人件費ゼロの状態でどれだけ踏ん張れるか一年間様子を見る予定です。

小岩で今まで良いお肉を提供していた焼肉屋さんも今年は踏ん張りどころだと思います。

数少ないお客様にどれだけ美味しいものが提供できるかを重点を置いて営業していきます!

 

年始は飲食関係の大きな展示会が幾つかありますので、また新しい食材を探しに参加してきます。

 

皆さん今年も小岩の絶品焼肉 Sara紗(さらさ)に今年も期待して下さい‼

 

2016 師走2016.12.03

今年も遂に師走になってしまいました。さらさにとって7度目の師走です。早いものです。

秋の限定ハイボールも中々好評に終わり良かったです。

 

今年は牛肉の価格が戦後最高値を更新する程の高値になり、一部の焼肉チェーン店では黒毛和牛のメニューが全て廃止になりました。牛肉離れという言葉も耳にします。

スーパーの黒毛和牛コーナーも縮小されました。

 

当店の様な小さな飲食店にも大打撃です。

 

日経新聞によると、5年前と比べ国産牛は7割の値上げ、輸入牛は2割の値上げになったようです。

当店のオープンと重なるのが悲しいです(涙)

 

当店も多少の値上げはしましたが、焼け石に水です。現在は広告費を削り、夫婦二人で低空飛行をしています。

 

日本の食肉業界は、東日本大震災によるダメージから立ち上がれずにいます。特に東京都の大半の供給元だった岩手県の畜産会社の倒産が致命的になっています。

 

早く政府の公的資金を投入して再建して欲しいものです。

 

さらさは7年目ということもあり、色々考えなければならない時期でもあるので、様子を見ながら次の一手を模索していこうと思います。

 

今までついてきてくださった常連様を裏切らない様に商品の質の低下だけはないように、日々精進してきますので、今年も最後までよろしくお願いいたしますm(_ _)m

 

                            店主  平井

2 / 41234
Top